車査定業者の査定額の差なぜあるのか

5分でわかる!中古車査定の疑問
Home » 中古車査定 » 車査定業者の査定額の差なぜあるのか
ribbon

車査定業者の査定額の差なぜあるのか

最近では車を売る際に車の査定を簡単に一括で査定できるサイトがあります。
中でも車査定業者を10社まとめて一括査定が出来るサイトなどはどこも1分以内にはおよその査定がでます。
一度査定をしてみるとわかりますが、同じ車なのに査定をする会社により大きく査定額が違ってきます。
それも1万や2万といった感じではなく、10万単位で違ってくることもざらにあります。

ではなぜこんなに同じ車なのに買取をする会社により買い取ってくれる金額が違ってくるのでしょうか。
これは何も査定時に50万といっておいて実際には30万といったような詐欺まがいなことが起きているわけではございません。
ではなぜ査定額が変わってくるのでしょうか。
それは買い取る中古車屋さんの在庫状況が一番大きいです。
例えば、ファミリーカーのワンボックスカーを見てみましょう。
ワンボックスカーは室内も広々、また乗り回しも楽なので家族連れの方に大変人気があります。
週末の運転手はパパ、平日はママといったみんなが乗りやすい車になっているところも人気の秘密です。
例えばこのファミリーカーの在庫がA社は30台在庫があり、B社は60台在庫があるとします。
この場合はA社の査定額がB社よりも高くなるのです。
いくら人気があっても在庫がありすぎる場合は査定額を頑張って出す必要はなくなりますのでここで差が生じるという事になります。

他にも査定額は得意とする車かどうかという事になります。
販売店がスポーツカーをメインとして販売しているところではやはりスポーツカーが欲しいので査定額が上がります。
外車を専門にしているところでは外車の査定額が上がります。
このように得意と?ている会社で査定に開きができます。

中古車査定 | 10月25日更新